新感覚の演劇体験!2021年2月誕生!!
360度自由な視点のVR演劇
昨今のコロナウィルス感染症の影響により、劇場にお客様が参集して観劇する従来型の演劇にとって、とても厳しい状況にあります。
演劇は本来、実際に人が集まることでー舞台上から感じられる演者の息遣いや、観劇に専心するお客様との間に漂う情味があってー初めて完成される芸術です。しかし、場所も時間も固定されている上演スタイルは、どうしても「観劇できるお客様」を制約してしまう側面もありました。コロナ禍の今だからこそ、届けられる作品もあるはず、という出発点から企画が立ち上がり、本作が誕生しました。
本作は、演劇のオンデマンド配信作品ではなく、映像で演劇を楽しむことを目的に誕生した作品です。演劇の醍醐味のひとつに、舞台上のどこに注目して観劇するか、観客の自由に委ねられていることが挙げられます。VR(ヴァーチャルリアリティ)技術を用いた本作は、360度自由に観られるので、「自分のカメラワーク」で物語を楽しむことができます。さらに、対応デバイスは、専用のヘッドマウントディスプレイをはじめ、PC・タブレット・スマートフォンなど、幅広く対応可能です。
ヘッドフォンを整えてこれ以上ない臨場感に没入するもよし、演劇を観たことはないけれど、気軽にお手元のスマートフォンでお試し視聴するもよし、と、入り口も楽しみ方も、従来型の演劇よりずっと幅広いところも特長です。
これまでシーエイティプロデュースは、STAGE GATE VRシアターと銘打って、vol.1『Defiled-ディファイルド-』、vol.2『Equal-イコール-』と、リーディングスタイルの演劇とVR作品を誕生させてきました。この度誕生する本作は、これまでの演劇制作、VR作品制作の蓄積を生かしながら、まったく新しいVR演劇を誕生させます。 劇場での上演を収録するのではなく、「収録のための収録」を劇場で行うことで、360度の視点をはじめとする桁違いの臨場感を生み出します。
《 STAGE GATE VR 》 2020年公演作品
STAGE GATE VRシアターは、感染症のリスクと共存し、感染症対策に取り組むとともに、新たな演劇形態の構築に尽力してまいります。
作品紹介
新型コロナウィルス感染症は、人生の重大な局面―この世にいられる時間が残りわずかという、極めて貴重な瞬間―であっても容赦はしません。最期の別れであっても、大事な人、親族でさえ、対面で会うことが叶わずに、身を裂かれる思いをしている人が大勢います。
もしも、自分の大事な友人が、親族が、最愛の人が、倒れて生死の境をさ迷う状態になったら…。
そのとき人は、何を想い、何を選択するのか。奇しくもこのコロナ禍は、「言霊信仰」のある日本では目を背けがちで、殊更話題に上りにくい、終末医療の問題にも人々の意識を向かせることになりました。誰もがいつかは人生の終焉を迎える以上、避けては通れない大事な問題。100人いれば100通りの状況と考えと感情があり、何より自分に関わることとして考えることが大事な、終末医療の問題。
エンターテイメントとして、ときにコメディタッチに描かれている本作は、物語に引き込まれるうちに、構えることなくすぅっと「人生の最期」について思いを巡らすことのできる作品です。
あらすじ
壁に包まれた病室。父と女医、それに僕の友人とが話をしている。体が動かない。何が起こったのか。女医は淡々と「元通りになる可能性はないし、むしろ生き延びたことを奇跡だと思って欲しい」と話す。
なるほど。そういうことなのか。
奇跡的に意識が戻った後も、かろうじて動く目だけで意思疎通の方法を探る。なにかと気にかけてくれる友人、そんな状態の前でかまわず女医を口説く父、戸惑う女医、そこへ離婚調停中の妻が面会にやってくる…
クリエイター
原案・演出:ウォーリー木下
93年、神戸大学在学中に演劇活動を始め、劇団☆世界一団を結成し、現在は「sunday(劇団☆世界一団を改称)」の代表として全ての作品の作・演出を担当。外部公演も数多く手がけ、役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。
また、ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースにおいてはエジンバラ演劇祭にて五つ星を獲得するなど、海外で高い評価を得る。10ヶ国以上の国際フェスティバルに招聘され、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行う。
2018年4月より「神戸アートビレッジセンター(KAVC)」舞台芸術プログラム・ディレクターに就任。2017年と2018年には手塚治虫生誕90周年記念MANGA Performance「W3 ワンダースリー」ではノンバール作品として構成・演出を、2019年と2020年にはディヴィド・アーモンド作「スケリグ」の演出を手掛ける。
脚本:広田淳一
2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げ、主宰する。以降、全作品で脚本・演出を担当し、しばしば出演。さりげない日常会話ときらびやかな詩的言語を縦横に駆使し、身体性を絡めた表現を展開。随所にクラッピングや群舞など音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れ、リズムとスピード、熱量と脱力が交錯する「喋りの芸」としての舞台を志向している。簡素な舞台装置と身体的躍動感を必須としながらも、あくまでも相互作用のあるダイアローグにこだわりを見せる。
2009年、2010年と連続して「アジア舞台芸術祭(Asian Performing Arts Festival)」に演出家として招聘される。2011年、韓国演出家協会主催の「アジア演出家展」に参加。ソウルに一ヶ月滞在して現地俳優と共にモリエール「ドン・ジュアン」を発表。好評を博す。
主催・企画・製作:シーエイティプロデュース
撮影・技術協力:アルファコード
出演
白井直人 役 白井慎一郎 役 児玉 碧(みどり) 青山樹里 役 白井朱音 役
内海啓貴 斉藤直樹 加藤良輔 輝 有子 渋谷飛鳥
白井直人(幼少) 児玉 碧(幼少)
瀧本弦音 木原悠翔

配信情報
閲覧可能期間:2021年2月1日(月)18:00~3月7日(日)23:59
閲覧期限:7日間 ※最終閲覧は3月7日(日)23:59までとなります。
お問い合わせ:公演に関するお問い合わせ:CATチケットBOX 03-5485-5999(平日11:00~18:00)
視聴チケット
配信チケット販売:2021年1月17日(日)18:00~2月28日(日)23:59
※期間中何回でも購入可。
配信チケット価格:3,500円(税込)
チケットお取り扱い
Blinky
・販売期間:2月1日(月)18:00~2月28日(日)23:59
・視聴期間:購入から1週間
チケットぴあ
・販売期間:1月17日(日)18:00~2月28日(日)22:00
・視聴期間:シリアルコード登録から1週間
楽天チケット
・販売期間:1月17日(日)18:00~2月28日(日)22:00
・視聴期間:シリアルコード登録から1週間
チケットペイ
・販売期間:1月17日(日)18:00~2月28日(日)22:00
・視聴期間:シリアルコード登録から1週間
イープラス
・販売期間:1月22日(金)18:00~2月28日(日)22:00
・視聴期間:シリアルコード登録から1週間
新たな演劇スタイル VR配信
~ 映像の世界を抜け出して体験型演劇への挑戦 ~
最新テクノロジーのVR(ヴァーチャルリアリティ)技術を活用し、舞台上360°を撮影。お客様はその場にいながら、普段立ち入ることのできない舞台上へ瞬間移動を実現し、現実を超える未来型演劇体験ができます。
VR動画配信サービス「Blinky」
VR演劇(映像作品)の配信は、株式会社アルファコードが提供する「Blinky Live」で配信いたします。VRライブ映像をスマートフォンやヘッドマウントディスプレイで楽しむことのできる、最先端のストリーミングサービスです。
・ヘッドマウントディスプレイ、スマートフォン、タブレット、各種ブラウザでご視聴いただけます。
・VRグラス(VRゴーグル)をお持ちでないお客様も、スマートフォン、タブレット、ブウウザでご視聴いただけます。
・あらかじめ、視聴可能環境の確認を行った上、チケットをご購入ください。視聴可能環境はこちらをご確認ください。
・お客様がご利用になる再生機器によっては、再生中にコマ落ち、音飛び、ノイズ等が発生する場合がございます。バックグラウンドで稼働しているアプリの停止や、安定した通信環境でのご利用をお試しください。
・配信映像の画面録画・撮影・録音及びインターネットサイト・SNS等への無断転載、共有などは一切禁止させていていただきます。
・スマートフォンで視聴される場合には電話回線接続の通信量にご注意ください。Wi-Fi環境での視聴をおすすめいたします。
VR配信の視聴に関するお問い合わせはこちらよりお問い合わせください。
インフォメーション
21.01.15
VR演劇「僕はまだ死んでない」出演キャストを発表しました。内海啓貴さん、斉藤直樹さん、加藤良輔さん、輝 有子さん、渋谷飛鳥さん/瀧本弦音さん(幼少期役)、木原悠翔さん(幼少期役)の出演が決定しました。キャスト陣によるVRコメント映像を公開しました!
出演者紹介
21.01.15
VR演劇「僕はまだ死んでない」では、劇場での上演を収録するのではなく、「収録のための収録」を劇場で行うことで、360度の視点をはじめとする桁違いの臨場感を生み出します。VR配信についての映像を公開しました!
VR配信情報
21.01.15
新感覚の演劇体験!2021年2月誕生!! VR演劇「僕はまだ死んでない」の上演・配信が決定しました!オフィシャルHPをOPEN!
スタッフ
原案・演出:ウォーリー木下
脚本:広田淳一
音楽:吉田 能
美術:石原 敬
照明:島田美希
音響:けんのき敦
衣裳:ゴウダアツコ
ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:相原雪月花
舞台監督:清水浩志
撮影・技術協力:アルファコード
水野拓宏、齋藤浩太郎、岡田将典、中岡正博、韮澤貴翔、野村 譲誉、三村信貴、
平野巧二郎、與古田信也、橋本百恵、島田淳平、大塚剛司、高坂茂樹、野沢勇人
演出部:櫻井健太郎、馬渕早希
照明:クリエイティブ・アート・スィンク、折登谷早希、伊藤安佑
音響:オフィス新音、立石智史
衣裳:上野沙織
ヘアメイク:杉山えみ、岩田知世
大道具:株式会社俳優座劇場/井戸元洋
小道具:高津装飾美術株式会社/西村大志
運搬:クリエイティブ・アート・スィンク/浅野 猛
舞台製作:クリエイティブ・アート・スィンク 加賀谷吉之輔
医療監修協力:
帝京大学医学部整形外科学講座 塚田 圭輔 先生
帝京大学医学部附属病院 脳神経外科 中里一郎 先生
宣伝:ディップス・プラネット
宣伝美術:菅原麻衣子(ycoment)
宣伝・舞台写真:岡 千里
Webデザイン:メテオデザイン
制作:山本涼子、平林和子 
プロデューサー:江口剛史
企画・製作:シーエイティプロデュース